ヒアロディープパッチ 使い方【効果的な正しい方法】

目の下のたるみ・ほうれい線のたるみはどこまで期待できる?

加齢に伴い老化のトラブルの一つとして、目の下のたるみやくっきりと目立つほうれい線に悩んでいる女性は増えてきているため、「ヒアロディープパッチ」をたるみの目立つ部位に貼り付けて眠るだけで、翌朝には皮膚内部に保湿成分がしっかり浸透し、内側からふっくらと弾力のあるハリ肌に仕上がる効果があります。
SNSでも利用者が使用前と使用後の画像をアップしており、目に見える肌のリフトアップに高い評価が集まっています。

効果的な使い方 正しい手順について

ヒアロディープパッチはヒアルロン酸ニードルを利用していることから、肌に使用すると痛みがあるのではと不安に感じる方も多いです。使用感はチクチクしないので、敏感肌の方でも安心して利用することができる特徴があります。効果的な使い方としては就寝前に洗顔をして、化粧水や乳液で肌を整えてからたるみのある部位に貼り付けて眠るだけです。
使用頻度は一週間に一度が目安となり、頻繁に行うと肌に負担がかかりかぶれる恐れがあるので、毎日使用するよりも一週間に一度のスペシャルケアとして使用することが大切です。

貼り方の注意点!【何時間付けるのが良い?】

ヒアロディープパッチは、ヒアルロン酸ニードルを肌に貼り付けることによってじっくり時間をかけて浸透させていく効果があるので、夜洗顔後に化粧水や乳液で肌を整えた後に、目元や口元などたるみが気になる部位に使用する貼り方を行ったら後は眠るだけです。
ただ初めて利用する方などは何時間貼ればいいのかわからないという方もすくなくありません。
ヒアルロン酸ニードルは約5時間ほどかけて針が溶け出し、皮膚内部に成分が浸透していく特徴があるので、約5時間以上はしっかり貼り続けることが重要になります。そうすることで保湿成分が持続し弾力のある肌質に仕上がります。

使用前・使用後(ビフォーアフター)でどうなるか解説

使用前と使用後の効果の違いを把握するためにも、写真をとっておくとヒアロディープパッチの保湿効果の画像をビフォーアフターで把握することが出来ます。ヒアロディープパッチを利用する前は、肌の乾燥が目立ちやすいため目元のたるみやほうれい線のシワなどが目立っている状態が多いので、肌がくぼんで顔色が暗く見えてしまいがちですが、ヒアロディープパッチを貼った後は肌に潤い成分がしっかり浸透して、皮膚がふっくらとしているので顔色も明るく若々しい印象になります。

毎日じゃなく一週間に1回のケアを心がけましょう

ヒアロディープパッチは特殊技術でつくられたヒアルロン酸ニードルが貼り付ける面に付いています。そのためピンポイントで肌に潤い成分を浸透させ、たるみや小じわが目立つ部位をハリのある肌質に仕上げることができるメリットを持っています。しかしヒアルロン酸ニードルは肌に貼り付ける際に痛みがあり、じっくりニードルの成分が浸透していくため、美容効果をきちんと与えようと毎日使用すると肌のかぶれや腫れに繋がります。
一週間に1回のプレミアムナイトケアとして取り入れることで、肌への負担を軽減させることも大切です。

TOPへ